スポンサードリンク

2012年09月03日

ヤノマミ族の精霊返し

ヤノマミ族南米アマゾン川周辺に住むヤノマミ族
この部族にとって、生まれたばかりの赤子は精霊だとされる。
出産は森の中で行われる。
女性は生まれた赤子を、人間の子として育てるか、精霊返しをするか、直感で選ぶ。
ヤノマミ族の精霊返しの方法とは
精霊返しをする場合、赤子はへその緒がついた状態でバナナの葉にくるみ、大きなアリ塚に放り込むのだ。

アリ塚には数百万匹の白アリがいる。
赤子を食べつくすのには、それほど時間はかからない。

女性は、白アリによって、赤子が食べつくされたのを確認する。
赤子が食べられてしまえば、そのアリ塚を焼く。

赤子を精霊のまま返したことを、神に報告するのだ。

ヤノマミ族の食料事情は芳しくない。
赤子を育てることも簡単ではいとのこと。

現代日本では考えられない習慣ですね。
部族の女性は平均14歳で妊娠・出産するというのです。

出産は森の中で行われる。
女性は生まれた赤子を、人間の子として育てるか、精霊返しをするか、直感で選ぶ。というのですから。
驚くばかりです。
ヤノマミ族に生まれるというこはこういうことなのか・・・・それ以上でも。それ以下の感想も言うことができなですね。


パンダ塾Pyramidal 【パンダ塾ピラミダル】 




FX彪ストロングトレード




ネット有名人完全プロデュースパッケージ


ラベル:ヤノマミ族 NHK
posted by らくてんか at 12:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。