スポンサードリンク

2012年10月02日

ハロウィン

衣装を簡単に手作りしたいと言う場合、衣装作りにかける時間はだいたいどれくらいと考えるのが妥当でしょうか。

平均的には子供のハロウィン衣装を作るのに30分から1時間ほどかけるそうです。

大人のハロウィン衣装の場合には、型紙から作って始めてしまうと数日間かかってしまうそうです。

最も簡単に作るやり方、それは手作りセットを買ってしまうことです。

ドンキホーテなどに売っている衣装を活用します。

たくさんある衣装の中からお気に入りを選んで、それを自分流にアレンジするのです。

買ったままをそのまま着ると他の誰かと一緒になってしまう可能性があります。
そして、面白みがないかもしれません。

そこで手作り感をだすために、既製品に自分流のアレンジを加えて手作り衣装にしてしまうのです。

アレンジに使うものは100円ショップなどで調達すれば十分だと思います。

コストも抑えられて、自分だけのオリジナルの衣装を作ることができます。


作っている時間もハロウィン気分を味わうことができて、ハロウィンが待ち遠しくなります。

特に子供の衣装はかわいいものにしたいと思います。
そして、衣装に対しての愛着もわいてきます。

衣装だけではなく、小物やグッズ、メイクなども工夫するとさらに良くなると思います。


型紙からしっかりと衣装を作りたい場合には、インターネット上にいろいろなコスチュームの型紙が掲載されています。

これを利用するといいと思います。

最近ではハロウィン用衣装の型紙もたくさんあります。

型紙はサイズが決まっているため、自分流に長さを調整したり袖の長さを工夫したりする必要があります。

子供にはかぼちゃのランタンなど簡単な飾り付けアイテムを手作りしてもらうと、親子揃って作り上げたハロウィンといった感じになりますますハロウィンを楽しめると思います。
あまりお金をかけずに簡単に衣装をゲットしたい人、手作り感のあるものを子供に着せたい人へおすすめのハロウィン衣装です。


例えば「ゴースト」に仮装する場合、古い紙を用意して目になる部分へ穴を2つ開けてかぶりものにするだけです。

「魔女」に仮装する場合、黒いワンピースかスカートをはいて、黒いショールかケープを羽織ります。

魔女の帽子を新聞で円錐を作り頭の部分を切り抜いて輪に貼りつけて黒い絵の具で塗ります。

「かかし」に仮装する場合、ジーパンをはいてチェック柄のシャツを着ます。

頭にバンダナを巻いてその上から帽子をかぶります。

帽子や襟やカフスなどにわらをつけます。

布切れやハンカチなどをパッチワーク風にピンで貼り付けます。

「海賊」に仮装する場合、黒いジーパンをはいて軽くほつれさせます。

いらなくなったシャツにいくつか穴を開けます。

黒のフエルトを黒いゴムにつけて海賊の眼帯を作ります。

厚紙を刀の形に切ってアルミホイルを巻き付けて刀を仕上げます。

頭にバンダナを巻いて、顔にはひげやフェイスペイントを描きます。

さらに茶色いフエルトを膝下に巻いて義足風にすると海賊の雰囲気を演出できます。

「ミイラ」に仮装する場合、古い白いシーツを適当な大きさに切って体に巻き付けます。

「天使」に仮装する場合、白いワンピースかスカートをはきます。

天使の輪を針がね入りのモールや針金を使って作ります。

太い針金を使って羽を形作って白いストッキングや白く透けている布などをかぶせます。

ゴムをつけて体につけられるようにしてできあがりです。
2011年に行われたディズニーのハロウィンイベントにおいて、人気の衣装をランキングにして紹介します。

ハロウィンの時期は期間限定でキャラクターの全身衣装を着てディズニーに入場できる特別なときです。

毎年ほとんどの人がこの日を楽しみにしています。

ディズニーイベントなのでやはりディズニーキャラクターの衣装が人気となっています。

2011年のハロウィンイベントにおいて、人気があった衣装を紹介していきます。


1位は「不思議の国のアリス」です。

アリスシリーズのドレスは、アリスを忠本当に再現したもので、2011年は約600着も売り上げるほどの人気衣装となりました。

ディズニーのハロウィンイベントに入場する人たちの中で大人用の衣装としてはアリスが断トツの1位でした。


2位は「AQUAドレス」です。

こちらもアリスシリーズで、子供用のアリスです。

子供用の衣装の中で驚異的な売り上げを誇る人気の衣装です。

このドレスを着ただけでアリスになれてしまうとてもかわいい衣装です。

カチューシャやエプロン、ワンピースがセットになっています。

ディズニーイベントだけではなく、学芸会やその他のイベントでも活躍します。


3位は「ハッター」です。

アリスシリーズで、「アリス・イン・ワンダーランド」という映画に登場する帽子屋さんの衣装です。

男性用、女性用共に人気の衣装となっています。

ジャケットやシャツ、パンツだけではなく、帽子やリボンタイや飾りものなどもセットになったものです。


4位は「チェリーピンクプリンセス」です。

女の子にはやはりピンクのカラーが人気です。

子供に人気の衣装で眠れる森の美女をイメージしていて、着ただけでお姫様気分を味わうことができます。

肩の部分がオーガンジーになっていてとてもかわいいドレスです。


5位は「ファンダジーボーイ」です。

童話の主人公になれる男の子向けの衣装です。

ピーターパン風の衣装でシャツやパンツ、ベルトと帽子がセットになっています。

パンツはストレッチ素材にしたスパッツでスタイルがよく見えるようにデザインされています。

女の子の「フェアリー」とセットで着せるとかわいいと思います。







毎年東京の原宿で行われているハロウィンイベントが「ハロウィンのパンプキンパレード」です。

日本で最初に行われた仮装パレードです。

毎年1000人の子供がハロウィンの衣装を着て行列に参加をして、原宿の表参道を1kmパレードしています。

原宿の周辺店舗ではハロウィンの特別メニューを提供したり、子供にお菓子をあげたりしています。

表参道ヒルズの本館で「ハロウィン広場」を作り親子で楽しめるスペースを提供しています。

いろいろなアトラクションが用意されています。


仮装した子供たちの写真を記念にプロが撮ってくれる「ハロウィン写真館」ブースもあります。

毎年大好評で先着500組の受付のみとなっています。


パンプキンパレードに参加できるのは、12歳以下の子供で事前に販売される参加証を持っている子に限られています。

参加証の購入代金は1,000円です。

パレード当日子供たちは思い思いのハロウィンの衣装を身につけて表参道を練り歩きます。

パレード終了後に参加した子供たちにはお土産があります。


参加証を持っている仮装した子供たちは表参道周辺で行われる「お菓子ラリー」にも参加することができます。

パレード受付時にお菓子ラリーMAPがもらえます。

MAPには周辺協力店が記載されていて、各店舗をまわるとお菓子がもらえます。


参加証は毎年10月上旬に発売されています。

数に限りがあるため早めに購入されることをおすすめします。

ハロウィンの衣装を着るなら、こういったイベントに参加してさらに楽しみを増やすと子供たちも喜ぶと思います。







逆転FX“Trend Getter”

The Effective Branding あなたが出版社となりアマゾンで自らのコンテンツを売るまでのステップ 2012年7月21日開催分



ラベル:ハロウィン
posted by らくてんか at 13:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。